大人の歯の治療・メンテナンス

大人の歯の治療・メンテナンス

歯並びを改善したい

歯並びを改善する方法としては歯科矯正があります。歯科矯正は子どもがするものというイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、本来歯科矯正に年齢制限はありません。大人になってから矯正を決意しても、遅いということは全くないのです。歯はいくつになっても動かすことができますので、最近は20〜30代で歯科矯正を始める方も増えています。

大人の歯科矯正は歯や顎の骨が出来上がっている状態からスタートしますので、子どものように成長を利用することはできません。そのため子どもの歯科矯正よりも期間や費用が多く必要になることがほとんどです。

また、お口の状態や要望によってさまさまざまな方法があります。歯科矯正をお考えの際は、ぜひ一度ご相談ください。

 

噛み合わせを改善したい

噛み合わせに問題があると、噛む機能に影響がでてきます。

「噛む」ことは私たちが普段当たり前のように行なっている会話呼吸食事に深く関わっています。これらは人間が生きていく上でとても大切なものですので、噛み合わせが悪いとお口だけでなく全身に異常がでることもあります。

噛み合わせを改善する方法は、その人の噛み合わせが悪くなった原因によって異なります。

・習癖、お口全体のチェック

・マウスピースの作成

また、再発のリスクを軽減するために歯科矯正をおすすめする場合もあります。

歯のすきまを埋めたい

歯のすきまを埋めるには、歯の表面にセラミックを貼り付けるラミネートベニア法、歯を削ってセラミックのクラウンを被せるセラミック法などがあります。

歯を削りたくない場合は、歯科矯正でも歯の隙間を閉じることは可能です。

 

入れ歯が合わない

合わない入れ歯を毎日我慢していませんか?入れ歯をしているだけで歯茎に痛みがあったり、入れ歯によってお口の中が傷ついているのなら、今の入れ歯が合っていないのかもしれません。

合わない入れ歯を使い続けていると噛み合わせ自体が悪くなったり、顔にシワができて見た目が老けてしまうことがあります。しかし、入れ歯が合わないからといって使わないでそのままにしていると、残った歯に負担がかかり歯の寿命を短くしてしまいます。

オーダーメイドで作られた入れ歯でも、骨の変化や入れ歯の摩耗によって次第に合わなくなってくることもあります。入れ歯が合わないと感じたらそのままにせず、一度当院にご相談ください。

 

 

また、入れ歯という治療法そのものが合わないという場合は、ブリッジインプラントといった他の解決策をご提案する場合もあります。必ずしも入れ歯にこだわらず、最も快適に過ごせる方法を見つけていきましょう。

 

どんな治療をしたらよいのか相談したい

どんな治療をしたらよいのか相談したい

歯のお悩みに対する治療法はひとつではありません。治療や今後の生活についてどんな希望があるかによって、最適なアプローチは違ってきます。

当院はセカンドオピニオンを歓迎しています。「もっと自分に合った治療法がないのか知りたい」「検討している治療法について、他の歯科医師からの意見も聞きたい」など、歯やお口の治療に関するお悩みをぜひご相談ください。ご自身のお口について、より納得した上で治療に臨むことが大切です。

WEB予約はこちら