虫歯治療

虫歯治療について

虫歯は多くの方が経験したことのある歯の病気だと思います。

虫歯は早期に治療することができれば歯を削る範囲が少なく治療できるため、将来歯を失うリスクを軽減することに繋がります。そして歯が健康に残り続けることは、これからの人生をより健康に過ごしていくことにも繋がっていくのです。

「歯が痛い」「歯がしみる」と感じたら放置せず、なるべくお早めにお越しください。

 

宮本歯科医院の虫歯治療

なるべく歯を削らない・痛くない治療

なるべく歯を削らない・痛くない治療

歯医者さんに行くのが苦手という方は少なくありません。原因は人それぞれですが、「歯医者さんの治療は痛いもの」「何をされるかわからないまま治療が進んでしまう」などといったイメージから、歯医者さんに怖い印象を持たれている方が多いようです。

当院ではできるだけ痛みが少なく、不安を感じにくい治療を心がけています。例えば歯の痛みを抑えるための麻酔ですが、実は麻酔注射自体を痛いと感じることがあります。当院では痛みの少ない細い注射針を使用し、冬場は麻酔液を体温まで温めて注射することで刺激を与えず痛くない麻酔を実現しています。

納得のいく歯科治療を行うには、何よりも患者さまと信頼関係が大切です。治療に関して不安な点、疑問点がある場合は遠慮なく、どんな些細なことでもお聞きください。

 

再発を防ぐ予防歯科

再発を防ぐ予防歯科

「虫歯はなってから治せばいい」を考えていると、何度も歯を削ることになりゆくゆくは歯を失ってしまうリスクが高まります。虫歯の治療が完了したとしても歯は完全に元に戻っているわけではなく、削った分だけ寿命が短くなっているのです。

当院では虫歯の再発を防ぎ歯の寿命を伸ばすため、予防歯科に力を入れています。患者さまひとりひとりに合った対策を取ることで虫歯の再発を防ぎ、お口の健康を保ちます。

虫歯の原因は磨きのこし、食生活、体質とさまざまです。まずはご自身のお口の状況を知り、これからずっと健康でいられる方法を一緒に見つけていきましょう。

 

 

虫歯治療の詰め物・かぶせものについて

当院では虫歯治療の際の詰め物・かぶせものについて、保険適用となる金属(いわゆる銀歯)の他に非金属のセラミックもお選びいただけます。

セラミックは審美的な面から選ばれるイメージがあるかもしれませんが、健康面においてもメリットがあります。

 

お口の銀歯と金属アレルギーの可能性について

虫歯治療などで使われている銀歯は耐久性が高く比較的安価で保険も適用されるため、多くの患者様に選ばれています。しかし、こうした歯科治療に使われる金属は、金属アレルギーの原因になることがあります。

銀歯というのは銀でできているわけではなく、銀を主成分とした合金(金銀パラジウム合金)でできています。さまざまな金属が含まれているため、アレルギーの原因の一部となっています。

さらに、お口の中の金属は常に唾液に触れているため、イオン化して体内のタンパク質と結びつくことでアレルギーに繋がりやすくなっています。そして口の中から全身へと広がることで、以下のような症状を引き起こす可能性があります。

・口内炎や口唇炎

・舌のただれ

・顔や全身のかゆみ

・味覚障害

・頭痛

・めまいや立ちくらみ

・肩こり

 

セラミックのメリット

このような金属アレルギーを避けるため、金属の代わりにアレルギーを起こしにくい素材を使った詰め物・かぶせものをおすすめしています。

また治療の際だけでなく、以前の虫歯治療で入れた銀歯をセラミックに交換することも可能です。銀歯をセラミックに交換したことで、金属アレルギーの症状が改善されるケースもあります。

詳しくはセラミックについてのページをも合わせてご覧ください。

 

セラミックは保険が適用されないため、銀歯と比べて比較的高額になります。

当院では患者様にご納得していただいてから治療を行えるように事前のカウンセリングを徹底しておりますので、心配な点や疑問などがあれば遠慮なくお聞かせください。

WEB予約はこちら