院内設備

院内設備

歯科用CT

歯科用CT

通常の歯の治療で撮影するパノラマレントゲン写真だけでは顎の骨の断面は全くわかりません。インプラントの手術を安全に行うためには、骨の断面を見て神経の位置や骨の量を確認することが必要です。

そのためにはCTスキャン画像は絶対条件ですCTスキャン画像があるのとないのとでは安全性に天と地ほどの差があります。

さらには医科用CTの約10分の1という低被爆も実現しています。

iTero

3D光学スキャナーです。お口の中をスキャンしてわずかな時間で精密な歯型をとることができます。

また従来の方法のように口の中へ印象材を入れる必要もないため、患者さんにとっても快適に歯型をとることができます。

スキャンした情報はすぐに送ることができるため、治療の開始を早めることができ待ち時間も短縮できます。

セレック

コンピュータを使って修復物(補綴物)を設計・作成するシステムです。

型取りの作業を3D光学カメラで行い、コンピューター上で設計を行います。設計データをミリングマシーンに転送すると、設計通りにセラミックブロックを削り出し、修復物(補綴物)が完成します。

一部の修復物(補綴物)が対象です。

 

セレック

セレック

拡大ルーペ

拡大ルーペ

肉眼にて見ることが困難な部位において、治療を行うため難症例や自費治療などに脳神外科や心臓外科分野にも使用されているドイツのHEINE(ハイネ社)のシステムを導入しています。

歯根管内における精密な検査が可能で、治り難い歯根の治療をはじめ、歯周治療、インプラント、審美歯科など多くの治療を確実なものにしてくれます。

歯科用顕微鏡 マイクロスコープ

主に根管治療などで使用する歯科用顕微鏡です。

セファロレントゲン撮影

セファログラム(頭部x線規格写真)を撮影するための機械です。

矯正治療の方は必ず撮影して、分析・診断を行います。

WEB予約はこちら