妊婦さんと歯周病

こんにちは。宮本歯科医院です。
本日は「妊婦さんと歯周病」についてお話したいと思います。
 
妊娠をするとエストロゲンという女性ホルモンが増え、歯肉の知覚が敏感になり、ちよっとした刺激に対して大きな反応が現れてくるため、歯ぐきのトラブルがおこりやすくなります
又、女性ホルモンの影響で、歯ぐきの溝にいるふだんは害のない細菌がふえて、炎症を引きおこしやすくなります。
つわりがあると歯みがきするのもおっくうになりますが、お口の中が汚れていると歯ぐきの炎症をおこす細菌も増えてしまいます。
歯みがきに勝る予防法はありませんから、大変でも歯みがきするよう心がけてください。
 
妊婦さんが歯周病になると、低体重児出産する可能性が大きくなったり、早産の可能性が7.5倍になるなどのリスクがありますので注意が必要です。
 
妊娠中の喫煙が胎児によくないことはご存じだと思いますが、タバコは歯ぐきにもよくないことがわかっています。
喫煙している方は禁煙するようにしましょう。
 
妊娠中はお薬や治療に制限があるので、歯ぐきのトラブルになる前にしっかり予防しておくことが大切です。
妊娠を希望している方は、まず歯科医院でむし歯や歯ぐきのトラブルがないかチェックしておくようにしましょう。
WEB予約はこちら