インプラントってどんな治療?

インプラントは失った歯の代わりに、顎の骨に人工歯根を埋め込み、その上に人工歯冠を取り付ける治療法です。

従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削って、なくなった部分を作ったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作ったりしていました。
ところが、ブリッジについては失った歯を作るために両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなってしまうリスクがあります。
また取り外しの入れ歯は、硬い物を噛んだ時に痛みがあったり、噛む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではないのです。
その点、インプラントはブリッジや入れ歯のデメリットをほぼ解決する画期的な治療法といえます。

 

最近は技術の向上もあって、選ばれる方も増えているのが現状です。
もちろんインプラントにもメリットだけでなく、デメリットもありますから、事前にきちんと診断を受け、担当医よりしっかりとした説明を受けることが大切であることは、言うまでもありません。
そして自分の疑問や悩みをクリアにして、納得をした上でインプラント治療を決めてください。

WEB予約はこちら