上顎の奥から二番目の歯も保険で白い樹脂の被せ物が使えるようになりました!

こんにちは、宮本歯科医院です。
笑った時に見える奥の銀歯、気にされている方も多いですね。そのような方に嬉しいお知らせです!
今までは上顎の一番奥の歯と二番目の歯は保険治療では銀歯しか選択肢がありませんでした。
それが2020年4月から保険適用できる範囲が広がり、奥の歯があれば、そのひとつ前の歯までは金属でない白い樹脂の被せ物が使えるようになりました。

 

保険適用の白い樹脂の歯「CAD/CAM(キャドキャム)冠」とは?

健康保険で選べる白い樹脂の歯はセラミックではなく、ハイブリッドレジンといい、レジンとセラミックを合わせた新素材を使用しています。
メリット、デメリットを考えて、ご自身の希望に沿った治療を選択できます。

ハイブリットレジンを保険適用外のオールセラミックの歯と比べると?
  • ハイブリッドレジンは保険が使えるので費用を抑えつつ審美性をあげることができる。
  • 耐久性や強度、変色のしにくさなどはオールセラミックに劣る。

 

上顎の奥から二番目の歯(上顎第一大臼歯)を白い樹脂の歯で保険治療する条件は?

CAD_CAM冠

上顎の奥から2番目の歯(6番)を白い樹脂の歯(CAD/CAM冠)で保険治療するには、一番奥の歯(7番、図のピンクの歯)が上下左右4本すべて残っている必要があります。
一番奥の歯(7番)とは、親知らずよりひとつ前の歯をいいます。

ご自身でわかりにくい場合は、保険適用で治療できるか、お気軽にご質問ください。

金属アレルギーの方は保険治療で一番奥の歯も白い樹脂の被せ物が使用できます!

金属アレルギーをお持ちの方は、一番奥の歯にも白い樹脂の被せ物が使用できます。
CAD/CAM冠は金属を使用していないので、金属アレルギーの心配がありません。
ご希望の場合は、別途、金属アレルギーの診断が必要になる場合がございますので、カウンセリングの際にご相談ください。

銀歯の成分は銀ではありません

銀歯は銀を主成分とした合金(金銀パラジウム合金)でできています。
銀歯は複数の金属が含まれていることに加えて、お口の中の金属は常に唾液に触れているため、イオン化して体内のタンパク質と結びつくことでアレルギーに繋がりやすくなっており、金属アレルギーの原因の一部とされています。

 

銀歯と白い樹脂の歯とでは見えた際にかなりイメージが違いますね。白い樹脂の場合、パッと見ただけではご自身の歯と見分けが付かない場合が多いです。
金属アレルギーの観点からも、奥から二番目の歯を治療する際には白い樹脂の歯をオススメします。

WEB予約はこちら